活動ブログ

薄い花びらは透けやすいです

16日に作成したハート柱の完成品・ピンクですが、オイルを入れた時と入れてからしばらくたってからはちょっと(ちょっとか??)変化があります。

ハーバリウム検証実験中「ハート柱の完成品・ピンク」ビフォーアフター

完成時(Before)

Beforeはまだ色が全体的にくっきりと分かります。
下にある花ジニアですが、ガラス瓶や横の花材に触れている部分がちょっと濃くみえますね。

まあ、これは人の手で花びらに触れていると、手の脂で色が変わると同じ状況です。
もしくはガラス窓に顔を当てると変顔に見えるようなことです。

しかも花びらはとっても薄い為、元の色に戻らないかも!?

完成からしばらくたつと(After)

Beforeから半日たっております。
なんか全体的に色がボヤけてみえます。ピンボケのせいだけではありません。
ちなみに半日といかず、2-3時間位でこんなかんじになっておりました。

花材によって色落ちするものとしないものがありますが、このアジサイやジニア、バラの花びらといった薄い花は油につけると色落ちというよりも色が透けるようになります。でも透き通ってキレイです。
使った箇所の色がぼやけてしまうので、デザインする場合は濃い色の花や葉等の植物を入れるとメリハリがでてきますよ。

今回私はピンクのペッパーベリーを入れたのでセーフかしら!?
これが色の薄いアジサイONLYだと全体がボヤケて自分的にはアウトかも・・・セーフ、セーフ。

花びらが薄い素材(お花)は色が透けてしまうということを念頭に入れておきましょう。

関連記事一覧

イベント報告