活動ブログ

花材とオイルの検証実験

クチュールフローラ加工を施された花パーツ

クチュールフローラ花材はハーバリウムに使うことができるのか?

お花の形そのまま生かし(※)コーティングして頑丈にし、アクセサリーの一部として使う「クチュールフローラ」。
2010年に認定資格を取得まではしましたけど、溶剤の臭いがキツかったので、ここ数年やっておりません。
ハーバリウムやオートクチュール・フルールのワークショップで何か使えるものがないかと探してきたら、加工済みのパーツがいくつか発見★

※多少はカットしてから加工します。

クチュールフローラ加工してある花材が使えるかどうか試してみよう

瓶はもったいないのでできるだけリサイクル♪
家にあった空になったガラスのジャム瓶もリサイクルしましたよ。

使用済みの瓶を洗って乾かし、さらに消毒してからしっかりと乾かし、そこにクチュールフローラ花材を入れてみました。

ラメ入りとラメなしがあったので、一個ごと別々に入れました。
・・・一ヶ月位して中身がダメにならなかったら、使えるってことですよね??

ちなみに台形の瓶(新品)はペッパーベリー(グリーン)がなんか色落ちしそうだったので、昨日から検証中。

・・・片方(後ろ)、もう色落ちしているような・・・。

ハーバリウム検証実験中(2018/1/16)とハート柱の完成品・ピンク

ちなみに右側のロング瓶(ハート柱)は完成品です。
バレンタインというよりはひなまつりか春色カラーな感じになりました。

関連記事一覧

イベント報告